トップ > 社会福祉協議会について > 役割ってな~に
 社協は『社会福祉法第109条』に位置づけられた地域福祉の推進を図ることを目的とする民間福祉団体です。
 地域福祉とは、地域で暮らす私たちの誰もが、安心して、充実した生活を送ることができるように、地域の誰かが抱えている課題に対し、私たちが、“支え合い助け合い”の気持ちで、その課題解決に取り組むことです。
 関市社協は、このような地域福祉の考え方を基本とし、次の使命・経営理念にも基づき、皆さんと共に地域課題の解決に向けた事業・活動を展開します。
使命(関市社協が果たすべき責務)
関市社協は、地域で暮らす誰もが安心して
住み続けられるよう、地域住民とともに
福祉による人づくり、組織づくり、まちづくりを推進する。
経営理念(使命を果たすために展開する事業・活動の基本的な考え方)
 福祉学習の支援を推進します!
 関市社協は、市民一人ひとりが福祉を自分自身のもんだとして捉え、生活課題や福祉課題を地域全体の課題として認識し、関市や関係機関・団体等と連携・協働しながら、その解決に向けて自らが主体的・積極的に取り組めるよう「市民福祉学習」を推進します。
 福祉を担う団体としての使命を果たします!
 関市社協は、透明性と中立性、公平性の確保を図るとともに、住民等への説明責任を確実に果たします。また、経営については、安定した経営基盤の確立を図り、責任ある組織的な判断を可能にするために、事業の効果測定やコスト把握による適切な事業評価を行い、それに基づいて効果的・効率的で計画的な経営を推進します。
 福祉のまちづくりを推進します!
 関市社協は、地域で発生する新たな課題や複合的な課題、防災力向上のための課題など、多様な生活課題や福祉課題を把握し、その解決を図るために、住民主体の小地域福祉活動を重 点的に進めます。また、新型コロナウィルス等の新たな課題については、地域のつながりを途切れることなく小地域による、住民主体・地域総参加の福祉によるまちづくりを推進します。